shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2019年01月29日

看護学校の実習について

こんにちは、立川校チューターの伊東です。
今日は看護学校での実習についてお話ししたいと思います。

実習はどれぐらいあるのか
・3年間での実習は12回
・1年生で基礎T、基礎U
・2年生では老年T実習の後に、2年〜3年にかけて領域別実習が始まります。
〈領域別実習〉
老年U
成人T(セルフマネジメント)、U(周手術期)、V(緩和ケア―)
小児 (病院実習7日と保育園実習3日)
母性 (産婦、褥婦、新生児を3日ずつ受け持ち)
在宅 (訪問看護ステーション7日と重症心身障害児施設3日)
精神 (精神科の病院7日と地域で暮らす精神疾患をお持ちの方が通う作業所3日)   
   
この8クールをグループごとにばらばらに回っていきます。
その後、最後に統合実があります。
統合実習 (2人の患者さんの同時受け持ちと夜間実習(22時?まで)があります)

〈基礎1〉
入学して初めての実習で、5日間の実習期間で行われます。実習の目的は患者様とのコミュニケーションです。
〈基礎2〉
入学してから学ぶ看護過程を初めて臨床の場で実践し展開していく実習です。実習期間はこの実習以降は10日間になります。


ある実習の日の流れ

5:00  起床
6:15  出発
7:15  実習病院到着、身支度とグループメンバーとの行動調整
8:00  実習開始
8:10  病棟へ移動
8:15  情報収集
8:30  申送りに参加
8:45  1日の行動計画を先生と臨床指導者に発表
9:00  受け持ち患者様のバイタルサイン測定・環境整備
     午前中の援助(清潔ケア・リハビリ見学・レクリエーションなど)
12:00 休憩(45分)
13:00 受持ち患者様のバイタルサイン測定

★午後の援助
15:00 学生カンファレンス
16:45 実習終了

18:00 帰宅
19:30 就寝
23:00 起床
23:30 記録

援助内容は受持ち患者様に合わせて内容が異なります。

実習で大変なこと

記録と学習
記録の内容は、1日の振り返り、翌日の行動計画、援助計画、看護過程があります。
1日の振り返りなど、病院でできることは実習の時間内に終わらせなければ睡眠時間の確保が難しくなります。
また、持ち患者様に援助をさせて頂くには、根拠に基づいて援助を選択し、なおかつ個別性のある援助計画を立案して、それに則って実施しなければなりません。そのため、患者様の疾患やそれに対する治療、使用されている薬剤などが理解できていないと援助計画が立てられないため、受持ち患者様の疾患などについても学習しておく必要があります。そして、実習中分からないことがあってもたいていの先生は教えてくれません。そのため、帰宅後に不明なことは自分で調べなければなりません。

実習で得られること
実際に患者様を受け持たせて頂き看護を展開することで、受持ち患者様の疾患とこれまで学習してきた解剖学的知識とがつながって理解が深まります。そのため、実習を重ねるごとに○○のときはこうすればいい、と根拠をもって考えられるようになり、援助の幅が広がっていきます。また、記録に追われ、寝られない毎日ですが、実施した援助で患者様から「ありがとう」と言われると、達成感が得られ、自信が持てるようになっていきます。

実習は大変なことばかりですが、それだけ得られる物も沢山あります。
看護学校に入学したら、是非とも実のある実習生活を送れるように頑張ってください。
posted by 東京アカデミー横浜校 at 00:00| 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

【看護学校受験】横浜校チューター体験記〜受験に役立つ本紹介A〜

こんにちは
横浜校チューターの鶴巻です今年、三年次学士編入で大学に入学しました

今回は受験時に読み、看護学校受験に対してのモチベーションが上がった本(漫画含む)を紹介させていただきます

『あきらめない心 心臓外科医は命をつなぐ』(新潮文庫)著者:天野 篤
 ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」、「医龍-Team Medical Dragon-」、映画「チーム・バチスタの栄光」の医療監修や、天皇陛下の手術を行ったことでも有名な天野先生の生い立ち〜外科医としてのポリシーが書かれた本です。共感したのは、目の前の患者に最善の医療を提供するために、人の何十倍も努力されている点です。いくら周りに認められても、奢らず常に患者の為に医療技術の向上を目指す先生の姿はかっこいいなと思いました。今後医療職を目指す者として、同じように高いモチベーションを持ちたいと思いました。
この本は、受験期で不安がいっぱいな状況で読んだのですが、著者の「あきらめは患者の死、だから絶対に負けられない」という言葉が印象的でした。受験で失敗したら来年・・という生半可な気持ちではなく、落ちるはずがないと思えるくらい準備して自信を持って受験に臨もう!鼓舞された一冊です。

『ナースをねらえ!看護学生奮闘記』(イースト・プレス刊)著者:シバキヨ
著者の実体験をもとに看護学校での出来事を描いた漫画です。
入学から実習、国家試験までが描かれており、絵も可愛いのでさくっと読めます。登場人物は高校卒業後すぐに看護学校に進学した現役生、男子学生、社会人学生で、それぞれの悩みを乗り越えていく姿が描かれています。
私は社会人経験を経てからの入試で看護学校の情報が少なく、この本で学生生活のイメージを膨らませました。特に、現役生からの社会人学生のイメージについての記載や、30歳からの看護学校入学についてのコラムはとても参考になりました。
入学してまだ3ヶ月目&学士編入なので現役生がいないのですが、今のところ授業、実習まではイメージ通りです。

『透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記』(講談社)著者:沖田×華
 横浜校の地下はデパートの本屋さんに直結しており、そこで新刊が出るたびに買いに行っていました。
 著者の産婦人科での看護師経験をもとに描かれた本で、親からの虐待からの妊娠、野良妊婦、超未熟児、捨て子などショッキングな内容で考えさせられる本です。その様な体験の中で、著者が何を思い、どう患者さんと接したかが詳細に描かれています。
普通に暮らしていたら見ることのできないような、人の深い部分に看護師は介入していくのだと再認識し、覚悟を持たなければならないなと感じた一冊です。


看護学校受験対策通学講座7月生入会受付中
東京アカデミー横浜校では7月10日(月)より看護学校受験対策通学講座7月生が開講します
夏休みに入る前に、受験勉強を始めるラストチャンスです
詳しいご案内はHPをご確認ください

無料個別相談も随時実施しております!
ご希望の方は横浜校までお電話にてご連絡ください
横浜校直通TEL:045-320-0731

posted by 東京アカデミー横浜校 at 10:00| 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

第2回全国公開模擬試験のご案内

皆様こんばんは
東京アカデミー横浜校の石川です。

推薦入試やAO入試、社会人入試の出願日や試験日が近づいており、横浜校受講生の皆様もあわただしくなってきました。
急いで願書を出したい気持ちもわかりますが、@書類に不備がないか、A「○○看護学校 行」を「○○看護学校 御中」に変えたのか、など出願をする時のマナーなどもしっかり確認するようにしましょう。

さて、9/25(日)は「看護医療系学校受験対策 第2回模擬試験」です。横浜校では、前日まで校舎にて受付をしております。
なかなか実力を試す機会のない「小論文」も試験科目に含まれていますので、この機会に是非受験してください!!
皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
ラベル:看護 学校 受験 模試
posted by 東京アカデミー横浜校 at 19:46| 看護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする