shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2019年09月24日

【看護学校受験対策】願書の事前準備について

こんにちは、池袋校看護担当です
看護学校の推薦入試・社会人入試はいよいよピークを迎えます。
それに伴い、願書の提出も慌ただしくなりますが、みなさま準備万端ですか?

願書添削をしている中で特に気になる点をピックアップ致しましたので、みなさまも以下の点に注意ながら、願書を記入してみて下さい

@原稿用紙の使い方に気を付ける
→句読点、括弧、数字の書き方など、しっかり守って記入するようにしましょう。
Aですます調で統一する
→願書は、ですます調で書く方が無難です。また、ですます調で書いていたのに、急にだである調になっている願書もたまに見かけますので、注意して書いていきましょう。
B段落分けを意識する
→基本的には段落で分けられている方が、読みやすい文章になります。文章の流れを意識しながら段落を変えてみて下さい。
C一文を長くしない
→1つの文章が長くなりすぎていないか、また主語・述語は対応しているか確認しながら書いてみましょう。また、アピールポイント等は端的にキャッチフレーズにて書くと分かりやすくなります。
D同じ表現を繰り返さない
→「そして」「また」「と思う」などが繰り返し使われていないか確認しましょう。
Eて・に・を・は を正しく使う
→地味に多いミスです。書いた文章を何度か読み直すことで、このミスは防げると思います。
F出願する願書のコピーは必ず取っておく
→面接試験で聞かれたとき、自分が願書に何を書いたか忘れないようにするためです。

ここには挙げられなかったこともありますので、願書を提出する前には、可能な限り誰かに見てもらうことをお勧めします。提出された願書を基に面接試験が実施されますので、添削→書き直しを繰り返して、満足のいくものを学校に提出するようにしましょう


posted by 東京アカデミー横浜校 at 00:00| 看護学校・医療系学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。