shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2018年03月12日

【大卒公務員】横浜校チューター体験記D人物試験対策について

こんにちは
公務員チューターの松野です
今日は「人物試験対策」について書きたいと思います

以前「志望動機について」書いた際もお伝えさせていただきましたが、
人物試験の対策は早めにやることに越したことはありません。
最近は公務員試験でも“人物重視”となってきており、
筆記だけできても合格することはできません。
特に横浜市は筆記より面接の倍率の方が高く、配点も660点中630点を面接が占めます

面接のためには、
志望動機、自己PR、長所、短所、今まで頑張ってきたこと、
失敗してしまったこと、入庁後どんな仕事をやりたいのか、等
あらゆる引き出しを用意しておく必要があります。

そのために、まずは自己分析が必要になってきます。
自己分析と言ってもざっくりとしすぎているので、
具体的には今までの人生を思い出す作業です。

私は中学や高校等学生時代のことから1年単位で振り返ってみました。
楽しかったこと、辛かったこと具体的なエピソードを思い出して、
その中から自分の長所や短所、アピールできることを見つけてみました!
自己PRは、社会人経験があるので前職の営業経験から
目標に向かって努力した内容と成果を話しました。

自己分析ができたら、あとは練習あるのみです

ここ東京アカデミー横浜校では内部生は1次試験合格後(1次試験が面接のとき)、
何回でも面接練習をすることができます。
外部生も面接練習だけを申し込むことができますよ!
本番と同じような緊張感を持って練習することができ、
何度も練習することで考えてなかった質問にも咄嗟に答える訓練ができます。

私も2次試験前に3回、3次試験前に3回、
計6回練習して本番に臨みました!

練習では緊張のあまり顔がこわばり
「松野さんらしさがでていない」とか
自分の体験談については話せているけど、
公務員として仕事をする上での内容が薄いとか、、、
自分では気が付かないことを指摘してもらうことができました。
1回1回指摘されたことは次できるようにじっくりじっくり反省もしました。

実際の面接では、
20〜30分の時間の中で練習したことはもちろん一通り聞かれ、
その他にも
「横浜市って何区あるか知ってる?その中で今年90周年を迎える区は知ってる?」
みたいなことも聞かれてしまいました。90周年の区は答えられませんでした!(笑)
ブースにもよるかもしれませんが、2次も3次も穏やかな雰囲気の面接でした。

面接が得意な方もいると思いますが、私自身は苦手なタイプでした。
緊張しすぎて何を話してるのかわからなくもなりますし・・・
でもしっかり自己分析をして、反省しながら練習すれば大丈夫です!
最後は自信を持って臨みましょう

次回は「受験を終えて」総括させていただきたいと思います
posted by 東京アカデミー横浜校 at 12:00| 公務員 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする