shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2017年03月09日

【看護学校受験】横浜校チューター体験記〜面接対策〜

こんばんは、横浜校チューターの天野です

温かくなってきて花粉症の季節がやってきました。目が痒かったり、鼻がムズムズしたりとても辛い季節ですね。私も花粉症ですが、「花粉症ではない!症状なんてない!」と言い張って認めていません(笑)


今回は面接対策についてお話しさせてもらいます。
「面接の練習なんてしなくても大丈夫!テキトーなことを言っておけば、OK!」と思っていませんか?
看護学校の受験の場合、ほとんどの学校で面接試験が課せられます。配点も学校によって異なりますが、多いと50点になることもあります。ちなみに私が受験した学校は面接のみだったため、かなり重要となりました。
願書対策と合わせて対策をすることで学科でのミスをカバーできることもあるので、しっかりと対策をしておくことが大切です。

私の場合、思っていることをアウトプットしてから文字に起こす方がやりやすかったので先に面接練習をやりました。面接練習で私がしていたことは、4つです。

@アドバイスは謙虚に受け止めること:せっかく頂けるアドバイスですし、大人になってから言ってもらえることも少ないので貴重な機会です。

A複数の人に見てもらう:一人の人だけに見てもらうと、どうしてもアドバイスに偏りが出てしまうので事務局スタッフやチューター、家族などに見てもらっていました。面接官になる方はどのようなタイプか分からないので、多視野で見てもらうことで本番にも強くなります。

B話す内容の軸を統一する:願書や一連の質問の中でズレが生じると「この子は何をいってるの?どっちが本当?」と思われてしまうので、話に軸を通すようにしていました。そのためにもざっくりとした自分史を書き、話の流れを時系列でまとめていました。

C繰り返し練習:週1程度は練習をしていました。本番前に慌てて練習すると本番でボロがでてしまうので、早めの準備をしていました。また、本番で緊張しないように繰り返しの練習を大切にしていました。


横浜校・無料イベントのご案内
横浜校では今週末より、看護学校受験対策無料イベントを実施いたします
詳しくはHP(こちらをクリック)をご確認ください


posted by 東京アカデミー横浜校 at 17:00| 看護学校・医療系学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。