shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2017年02月15日

教員採用試験対策 神奈川県公立学校教員採用選考試験の概要について

みなさん、こんにちは
昨日はバレンタインでしたが、みなさんチョコあげました??
それとももらいましたか??

私はあげましたし、もらいました
朝から受講生にプレゼントされてHAPPYになりました

何かをプレゼントされるって、とってもHAPPYになりませんか?
その人のことを思って真剣に選んでくれたって考えると、何だかうれしくなっちゃう

私もたくさんの人をHAPPYに出来る人を目指そうと思います

さて、本日は神奈川県の教員採用試験の新たな取り組みについて

神奈川県教育委員会のホームページをご覧になりましたか??
今夏の本試験において、特別選考で受験出来る枠が拡大されました
いろいろ変更されていますが、今日は2点ご説明します

@教職経験を要件とする特別選考における資格要件の緩和
教職経験者に対する特別選考について、正規、臨任を問わず一本化した「特別選考 教職経験者」(筆記試験のうち一般教養・教職専門を免除)を実施します。
資格要件として勤務先の条件を全国の国公立学校、私立学校にも対象を拡げ、教職年数を直近4年間のうち通算1年以上とします。

A英語資格所有者特別選考における資格要件の緩和(中学校・高等学校 英語区分)
資格要件を「TOEIC730点以上、TOEFL-iBT80点以上、英検準1級のいずれか1つのスコアか級の取得者」に緩和します。

以上2点が主に大きく変更になりました。
2点の取り組みから言えることは、受験者が増加する可能性があるということ
緩和されることで受験者への負担も軽減されますし、他自治体からも多くの受験者が流れてくる可能性があります

受験者が増えても何ら変わらないと思っている、そこのあなた
とっても危険です

受験者が増加すれば、その分、一次試験の通過率も今まで以上に厳しくなる可能性があります
では、最終合格するにはどういった勉強をすればいいのか・・・

以前にも神奈川エリアは人物重視のため、人物試験対策をしっかりやっておかなければいけないとこのブログに書いたかと思います
まさに、この「人物試験対策」が重要なキーワードとなると思われます

筆記で免除される分、主に比較されるのは、受験者の人柄・教師としての資質などなどその受験者の中身です
どのようなことを聞かれても動じないといった対策をとっておく必要があります

人物試験対策はいかに情報を仕入れ、自身の教師としての資質を売り込むことが出来るかが勝負の決め手です
自己分析を行うことは基本中の基本ですが、受験する自治体のこと、教育現場の現状をいかに理解し、子どもたちのために働く姿勢を熱く語れるかだと私は思います

といったように、新たな取り組みによって受験者数の変化があるかと思いますので、ぜひ早期対策を

横浜校では、人物試験対策に特化した「特別選考対策コース」をご用意しています
ぜひ講座の内容に関してご興味のある方はご連絡くださいね

東京アカデミー横浜校
045-320-0731


posted by 東京アカデミー横浜校 at 10:00| 教員採用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。