shiryoseikyu_over.jpg 資料請求はこちらからどうぞ!

2011年10月17日

鈴木明生先生からのメッセージ

私は「応援」の気の利いた言葉を持ち合わせていない。だから、開き直って思ったことを述べてみる。

「応援」とは、ある意味、より具体的な行為だと思っている。たとえば、一人ひとりの学生の方たちの話を聴くこと。つまり、どんな些細な質問にも耳を貸し、積極的に応じていくことである。偉そうに言っているが、何ほどのことはない。この姿勢は、東京アカデミーに来て備えたものである。予備校の講師室は、敷居が高いものとのイメージがあるが、東京アカデミーでは、少ない休み時間でも、先輩講師の方々が、積極的に学生たちのサロンに行き、質問に応じている。これこそ、何よりの「応援」だと思う。

また、受講している一人ひとりの学生の姿を伝えることで「応援」に代えてみたい。

「私、現代文が全然わからないんです。」と質問しに来たことをきっかけに、中学一年生から大学受験までの7〜8冊の問題集を、どの教科も休むことなく消化した、高卒浪人のAさん。「どうしてこんなに評価が低いのですか。」と、食って掛かりながら、納得するまで小論文を書き直してきたB君。「私、娘と一緒に大学受験です。」とは主婦のCさん。笑いながらも、「だから、余計に、負けたくない。」と闘志を示していた。皆、やるべきことを、やるべき時に、やるべきところで一所懸命にやっている素晴らしい学生たちだと思う。そして東京アカデミーの主役だと思う。

頑張る学生が居て、応援する講師が居る。チュートリアルのポスターは、ただの駄洒落ではないと思うのだが・・・。考えすぎかな。
posted by 東京アカデミー横浜校 at 14:27| 看護学校・医療系学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする